あやぶろ/OLD

テレビの中の人による唯一のテレビ論、メディア論ブログ

© あやぶろ/OLD All rights reserved.

20136/11

● HDTV覚書「表現とは<何を見せないか>ということだ。4K/8Kから新『捻じ曲げ族』が生れるだろうか?」(前川英樹)

4K,8Kの話題を聞くにつけ、ハイビジョン登場の頃のことを記録しておかなければいけないと思っている。当時地上波アナログテレビしか伝送路をもっていなかった民放テレビ局が、何故ハイビジョンに取り組んだのかという話はもうほとんど忘れられているだろう。自分で保管してきた資料も、ぼくが捨ててしまったらもう世の中から消えてしまうに違いない。そう思いつつ「ヨシ、書こう」という気にならないまま日が過ぎでしまった。

 

そう思っているところで、ハイビジョンが縁で長い交流が続いているUSC(南カリフォルニア大学)のCinematicarts学部(FILM・TV・INTERACTIVE)エリザベス・デイリー学部長が来日されたので、久々に会うことになった。因みに、USCのCinematicarts学部はもともと映画・テレビ学部であって、スピルバーグなどの多数の映画人を輩出し、キャンパスにはスピルバーグの寄付による記念館などがある。
デイリーさん夫妻を囲む会食は楽しかった。こちらは、元NHKの武田光弘さんとTBS関係者の安藤紘平、和田のり子、田上節朗、前川。
いろんなことを思い出した。まとまった記録ではないが、「ハイビジョン論とHDTVヒストリー」はいずれ書くとして、表現と技術に関するいくつかのことをメモしておこう。

[1990年 エレクトロニック・シネマ・フェスティバル(ハイビジョンの国際コンクール)でTBSの「陰翳礼讃」がグランプリを獲得した。]

前川8

アストロラビゥム賞=グランプリ
(アストロラビゥム:古代の航海に使われた天球儀)

 

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 7月 17日
    トラックバック:HDTV覚書「表現&#1…
コメントするためには、 ログイン してください。

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点⑤

停滞する民主主義が進化する途 ワールドカップの中継番組の瞬間最大視聴率が50.8%だったそうです。このニュースを見…

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点④

ストレンジなリアリティー:ガンダムUC ep7を見て考えたこと 『機動戦士ガンダム』は30年以上前に、フォーマット…

20146/17

情報“系”の中のテレビジョン

6月は、いろんなことがある。 会社社会では6月は大半の会社の株主総会の季節だから、4月の年度初め、12月の年末とともに一つの区切りの季節だ…

20146/16

テレビというコミュニティ。あやブロというコミュニティ。

あやとりブログに文章を書くようになってかれこれ二年以上経ちました。2011年に出した『テレビは生き残れるのか』を読んでくださった氏家編集長か…

20146/13

ワンセグ全番組タイムシフト視聴は視聴率を下げるのか検証してみた〜ガラポンTV視聴ログより

リアルタイムの放送をテレビで視聴する人が増えることは良いことです。 言うまでもなくこれは「視聴率が上がる」ことを意味します。 &nb…

ページ上部へ戻る