あやぶろ/OLD

テレビの中の人による唯一のテレビ論、メディア論ブログ

© あやぶろ/OLD All rights reserved.

20136/20

のめりこませる技術

ドーパミン - のめりこませる科学 —

 
本のなかでいちばん面白かったのは「ドーパミン」の研究を紹介するところ。ドーパミンは快楽、モチベーションに関連して放出される脳内物質。
<ドーパミンが放出されてる> → <モチベーションが上がってる=のめりこんでる状態>
だから、
<ドーパミンがどんなときに放出されるのか検証> → <人間をどうしたらのめりこませられるのか?解明できる>
という。
スイスの神経科学者ウルフラム・シュルツ(Wolfram Schultz)氏が行った「サルにジュースをあげる実験」を引用してみよう。(356頁)

 

①ジュースをサルに与えるときに「ピー」と音を鳴らす。
②すると、「ピー」という音を聞いたときに大量のドーパミンが放出されるようになる。(ジュースを飲むときではない)
③ところが、慣れてくると、次第に「ピー」が鳴ってもドーパミンがまったく出なくなってしまう。

 

この実験でわかったのは、
a) ドーパミンは、「ジュース」そのものには反応せず、「音」に反応している。
b) 100%ジュースが貰えるとわかると、ドーパミンは放出されない。音が鳴ってもジュースが来ない、そんな状態を作ると、またドーパミンは「音」に反応し始める。

 

ドーパミンが放出される=のめりこむ状態と考えると、サルは「ジュース」自体の価値じゃなくて、「ジュース」が飲めるかどうかの「期待(文中より)」にひきこまれてる。
そして、「その期待値が半々のときにいちばん激しくドーパミンが放出される(369頁)」という。

 

「報酬があるから、ドーパミンが放出されるわけではないのです。“不確実性”こそが放出を促すのです。」 369頁 ポール・ハワード=ジョーンズ博士 (参考:氏のスライド YouTube )

 

不確実性。そう。獲物を探しに狩りに出る。上手く見つかるかは、わからない。ただ、食料は必要だ。だから、狩りには行かなきゃ。ドーパミンは、面倒だけど狩りに出なきゃっていう動機に関係してる。

 

「ゴールを獲得することではなくて、ゴールを探す行動こそ、ドーパミン反応を促す」(365頁)

 

とにかくまず「行動」せねば「ゴール」が得られないってことをドーパミンが動物に後押する。
要は、「ゴール」設定に加えて、「行動」を促す仕組み(「不確実性」を組み込もう)を入れると、人間をうまく動機付けられるってことだろう。(この仕組みをゲーミフィケーションと呼ぶ。JB Pressに書いた記事を参照。)

 

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点⑤

停滞する民主主義が進化する途 ワールドカップの中継番組の瞬間最大視聴率が50.8%だったそうです。このニュースを見…

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点④

ストレンジなリアリティー:ガンダムUC ep7を見て考えたこと 『機動戦士ガンダム』は30年以上前に、フォーマット…

20146/17

情報“系”の中のテレビジョン

6月は、いろんなことがある。 会社社会では6月は大半の会社の株主総会の季節だから、4月の年度初め、12月の年末とともに一つの区切りの季節だ…

20146/16

テレビというコミュニティ。あやブロというコミュニティ。

あやとりブログに文章を書くようになってかれこれ二年以上経ちました。2011年に出した『テレビは生き残れるのか』を読んでくださった氏家編集長か…

20146/13

ワンセグ全番組タイムシフト視聴は視聴率を下げるのか検証してみた〜ガラポンTV視聴ログより

リアルタイムの放送をテレビで視聴する人が増えることは良いことです。 言うまでもなくこれは「視聴率が上がる」ことを意味します。 &nb…

ページ上部へ戻る