あやぶろ/OLD

テレビの中の人による唯一のテレビ論、メディア論ブログ

© あやぶろ/OLD All rights reserved.

20133/6

「英国のテレビは面白い!」プラスの生態圏とネットメディア化(小林恭子)

—ライバル間の競争で面白みを高める

 

ITVも「オリジナル」な、あるいは話題性のある小説などをドラマ化した新作の制作には力を入れており、例えば日曜日の午後9時というゴールデンタイムを狙って、実力派俳優、脚本家、演出家を使い、お金をかけた番組のシリーズを放送する。対抗してBBCも同日の同時間に主力ドラマをぶつけてくる。BBCとITVのライバルとしての競争は、ITV発足の1950年代半ばからずっと続いている。

 

BBCとITVのどちらが勝ったかを判断するときの数字は、主要テレビ局が作った「バーブ」(Barb, Broadcasters’ Audience Research Board=放送局視聴者調査委員会)が計測した、視聴者数と視聴占有率による。この調査に参加する世帯のテレビの上に計測ボックスがあり、視聴情報を収集する。

 

視聴占有率とは、計測時にテレビのスイッチをつけていた世帯の中で、ある番組にチャンネルを合わせていた世帯の割合だ。

 

例えば「BBCのxxxという番組は、視聴者数が500万人、占有率はxx%」など。後に説明する「タイムシフト・チャンネル」(時間をずらして放送するチャンネル)や、オンデマンド・サービス、同じ番組を高品位画質で放送するチャンネルの登場で、一つの番組の視聴者数が後で増える場合もある。

 

この数字は翌日の新聞で報道される。

 

BBCには広告主がつかないが、視聴者数や占有率の上下でその番組の1つの評価が出る。視聴者数が極度に低かった場合、視聴者が支払う受信料が十分に有効に使われなかったことになる。このため、BBCにとっても視聴者数を増やすことは非常に大きな使命となる。

 

 

 

ページ:
1 2

3

4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点⑤

停滞する民主主義が進化する途 ワールドカップの中継番組の瞬間最大視聴率が50.8%だったそうです。このニュースを見…

20146/18

そこに、パースペクティブ=展望はあるか?2014年の論点④

ストレンジなリアリティー:ガンダムUC ep7を見て考えたこと 『機動戦士ガンダム』は30年以上前に、フォーマット…

20146/17

情報“系”の中のテレビジョン

6月は、いろんなことがある。 会社社会では6月は大半の会社の株主総会の季節だから、4月の年度初め、12月の年末とともに一つの区切りの季節だ…

20146/16

テレビというコミュニティ。あやブロというコミュニティ。

あやとりブログに文章を書くようになってかれこれ二年以上経ちました。2011年に出した『テレビは生き残れるのか』を読んでくださった氏家編集長か…

20146/13

ワンセグ全番組タイムシフト視聴は視聴率を下げるのか検証してみた〜ガラポンTV視聴ログより

リアルタイムの放送をテレビで視聴する人が増えることは良いことです。 言うまでもなくこれは「視聴率が上がる」ことを意味します。 &nb…

ページ上部へ戻る