あやぶろ

多彩な書き手が、テレビ論、メディア論をつなぎます。

© あやぶろ All rights reserved.

20129/1

スマホとテレビはつなげられるのか?

最近、気になっていることに「なぜスマホには親近感を感じるのに、テレビや新聞や雑誌には感じないのか?」というのがある。単に肌身離さず持ち歩いているからなのか?実際、テレビも新聞も雑誌も持ち歩かなくてもなんとでもなるけど(持ち歩かねえよ!)、スマホだけはそうはいかない。もしスマホをなくしてしまったら、他のすべての出来事を後回しにして代替機を手配すると思う。まちがいない!

思えば、テレビも新聞も雑誌もなくても困らないと思わせるのは、「私」にとってまったくの「他人」だからだ。「他人」とは「私」が存在していようがいまいが、関係ない存在。フランス語講座でエッセイストのドミニック・ローホーさんが「『他人』のような変えられないものを変えようとするエネルギーは無駄」と看破していたが、「私」の存在によってもなにも変わらない「他人」メディアに親近感なんか感じるはずもない。そして、スマホユーザーの8割が利用しているというソーシャルメディアのコミュニケーションは良くも悪くも「私」に存在する場を与えてくれる。あるいは「存在する場がある」と錯覚させてくれるものだ。

インターネットで一番嫌われる「上から目線」。それが、巨大な力を持ちながら「私」の存在をまったく無視する「マスゴミ」に向けられるのは、実にわかりやすい構図だ。テレビが勝手に「面白い」と思ったり、「重要だ」と言ってくること。「私」の存在を無視して、自らの価値観を押し付けてくる巨大メディアに、嫌悪感や反発を覚えるのはごくごく自然なことだと私は思う。

今回、ラッキーなことに9月末に深夜番組をやることになった。番組の趣旨だが、向こう側にあるテレビを、こっち側にあるスマホとつなげてみることはできないか?と考えた。なくても困らないものを、なくしたら死ぬほど困ってしまうものとつなげることができたら、少しはテレビもあってもいいものになれるんぢゃないか?という実験だ。

私には、テレビはすでにインターネットに飲み込まれているように見える。それが見えていないのは、もしかするとテレビ関係者だけではないかとさえ感じる。ここまで使った「スマホ」という言葉を「インターネット」と置き換えてみるとよくわかる。インターネットはテレビより「こっち側」にあるサービスなのだ。

21世紀のテレビは「私」を無視して成り立つものではないことはわかっている。「私」を無視しない「こっち側」のテレビをつくることはできるのか?少しでもヒントが残せるといいのですが・・・www

PS)9月28日(金)24:45~26:15生放送予定。番組詳細は、9月4日公開。

  • スマホとテレビはつなげられるのか? はコメントを受け付けていません。
  • 山脇伸介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

20132/20

テレビがつまらなくなった理由

まず、お断り アイキャッチ画像と、タイトル及び本文とは関係ありません。 それから、今回のタイトルは、一般視聴者やユーザーにとっては別…

20145/26

ドワンゴ会長の示すメディアの未来

5月14日、ドワンゴとKADOKAWAの経営統合が発表された。 そして統合した会社の代表取締役会長になるドワン…

20133/6

「英国のテレビは面白い!」プラスの生態圏とネットメディア化

2月20日の氏家さんの記事「テレビがつまらなくなった理由」を拝読させていただき、大いに触発された一人である。 日本…

20136/20

のめりこませる技術

 パロ・アルトのフォーチュン・クッキー 「出るから、入りな」 どこからか歩いてきたサングラスのオバサンが指差した。 パーキング前で…

20144/27

テレビの未来がますます鮮明に・・・最近の統計データから

このところ立て続けに発表された統計データが、かなりメディア周りのドラスティックな変化をつたえています。いくつかの解説記事も出ているようですが…

ページ上部へ戻る